Let's 2月号掲載♪

ko-nokiji.jpg

いつもLet’sさんに広告協賛として掲載させていただいてますが、今回はしんそうとのコラボ企画という事で、2月号に掲載していただく為の取材に行ってまいりました。

 

取材をさせていただいたのは、鈴鹿国際大学レスリング部監督兼、

朝明高校のコーチであり、ご自身も現役で活躍されています、河野隆太選手です。

活躍されている現場を見させていただき、首や膝の関節、腰などへ大きな負担になる動きなどが多々見受けられました。

実際に聞いてみると、膝や腰の故障は確かに多いとの事…。

レスリング部の一人の方に、しんそう療方の検査をしてみると手足の動きに左右に差があり、軸がとれていないのが一目両全でした。

2つ〜3つの技をかけた所、手足の左右差もほとんど無くなり姿勢も良くなりました。

レスリングに限らず、手足の動きに左右差があるという事は、身体機能を100%発揮できず、持久力の低下や大きなケガにも繋がりかねません。

ケガや病気の無い健康な体で、スポーツをされる皆さんの今後の活躍に期待しています(^^)/ko-no01.jpg

 ko-no02.jpg

 

 

 

 

 

しんそう春日井高蔵寺の水野先生とプロボクサー丸木和也選手

しんそう療方 春日井高蔵寺でヘルニアを克服した丸木和也選手の紹介です。

 丸木和也選手プロフィール
 生年月日:昭和63年1月31日 24歳
 身  長:175cm
 プロ成績:11戦10勝(8KO)1敗
 アマ成績:23戦18勝(13KO)5敗
 出身校:愛知みずほ大学瑞穂高校
 平成19年西日本新人王
 平成19年から23年までヘルニアにより戦線離脱
 平成22年9月より「しんそう療方」の施術を受け始める
 平成23年4月ヘルニアの痛みがほぼ完治し、トレーニングを開始
 平成23年12月4日に4年ぶりの試合を行う

数年前から腰痛がひどくなり、色んな整体や病院を回りましたが結局よくならず、
治るのは半分あきらめていました。しかし、知人に紹介してもらった しんそう に来て初めて、少しずつでも治っていってるのを感じました。
最初のうちは効き目が小さく、通うのが面倒に思ったりもしていました。一、二ヶ月すると、歩ける距離が少しずつ長くなり、軽い運動もできるようになりました。数ヶ月通うと、職業であるボクシングの練習も再開することができました。今ではボクシングの練習、ロードワーク、バイト先のスポーツクラブでのインストラクターも元気いっぱいでやれてます! 歩くこともできず、痛みと闘っていた自分が懐かし
いです。
○ しんそう療方を経験されて、同じような症状で悩んでる方へ一言アドバイスをお願いします。
痛くてたまらないですよね。わかります。ボクはほとんど歩けない状態が一年続きました。
しんそうに通って一年でプロのスポーツ選手として復活することができました。普通に生活できればいいと思っていたのに、それ以上治りました。しんそうに出会えておめでとうと言いたいです。
あとは信じるだけ。しんそう高蔵寺、水野先生を信じてください!!!!


   水野院長より一言

   
丸木和也選手、感想を書いていただきありがとうございます。
ヘルニアによる腰痛で選手生命が絶たれた絶望状態から、しんそう療方を信じて続けてくれたのでここまで回復することができました。この調子でいけば年内の試合復帰ができると思います!
丸木選手が世界チャンピオンになるまでサポートしていきますので、思い切り練習に励んでください。

 

 


体験会 in 滋賀県野洲市

H24年7月1日 

滋賀県野洲市 野洲文化ホールにて

しんそう療方 特別無料体験会 in 野洲」を行いました。「テーマは痛みが見える」です。

皆さん初めてのしんそう療方で期待と不安?の中、しんそう療方とはどんなものか、体の歪みが何故いけないのかと言う事を分かりやすく丁寧に説明して頂きました。

皆さん石山先生の話に真剣です(^^)

CA1ZCHD6.jpgCAZBM0UF.jpg

そして、各班に分かれて実際に施術を体験して頂きました。(^^)/

CA9HLENJ.jpgCA4SDPWW.jpgCAG8YYG2.jpg

  あちらこちらで「おぉ〜!」「えぇ〜!」「凄〜い!」など歓声が聞こえていました。(^^)

実際に体験していただいた後、皆さんが普段疑問に思われている質問に、先生方が一つ一つ丁寧にお答えになりました。

CANPM40Q.jpgCA8UYIVX.jpgCAWQ3CSM.jpg

今回参加してくださった皆様ありがとうございました。m(__)m

     CAXC9TAO.jpg

私達は、これからも沢山の方にしんそう療方を知って頂けるよう、体験会などを通じて周知活動、並びに技術向上に精一杯頑張っていきたいと思います!

 

▲このページのトップに戻る